男性

固定金利の時代へ

フラット35は35年固定の低金利ローンプランです。変動金利のように将来支払う額が変動することがないため繰り上げ返済により確実に支払金額を下げられます。以前はデフレのため金利は下がる一方でしたが、近年の景気回復による金利上昇の可能性も高いためフラット35は将来のリスクを下げる有効な手段といえます。

財布

企業や個人事業の資金調達

法人や個人事業主が、事業資金目的で借入できるのがビジネスローンです。特徴は、総量規制の対象外なので大口の借り入れが可能、審査スピードが早い、赤字決算でも融資検討可能、基本的に無担保でも利用をすることができます。

お金

住宅ローンに関して

住宅ローンには変動金利型と固定金利型がありますが、フラット35などの固定金利型でもある程度柔軟に返済を行うことができます。繰り上げ返済を上手に利用することで、月々の返済額や返済期間を調整することができます。自身の懐事情に応じて固定金利型でもスマートな返済を計画することができます。

ウーマン

事業資金が必要な方必見

消費者金融では大口のビジネスローンを取り扱っているところがあり、100万円から500万円ほど、場合によっては1000万円ほどの限度額を設定されているところがあります。審査もスピーディで2、3日後、早ければ翌日融資も出来る場合があるので、急な事業資金が必要な場合は消費者金融で組むこともおすすめです。

貯金箱

融資条件の良い住宅ローン

フラット35は住宅ローンの中でも融資条件に優れているサービスです。特に、固定金利は安定した返済を可能にしますが、そのほかにも繰り上げ返済などの仕組みを上手く活用することで支払いにおける金銭的負担を大きく削減する事ができます。

事業者向けの便利な融資法

貯金箱

審査と融資がスピーディー

一般のカードローンとは違って中小企業の経営者や個人事業主だけが使えるものを、ビジネスローンといいます。金融会社によっては事業者ローンと呼ぶ場合もあります。そのためビジネスローンは事業資金を調達するために利用されます。銀行などでは事業者のための不動産担保ローンというのが用意されていますが、ビジネスローンはもっと気軽に利用できるようになっています。例えば担保や保証人がなくても利用できるものもあります。無担保で無保証の場合は金利が高めに設定されています。事業を行っていると急につなぎ融資が必要になることがあります。そのような時は審査が簡単でスピーディーに融資してくれるビジネスローンの方が便利です。不動産担保ローンなどでは審査に時間がかかるので、つなぎ融資などの場合は間に合わないのです。また総量規制の対象外になっているのも大きな特徴です。一般のカードローンなどでは年収の3分の1までしか借りることができず、これを総量規制といいます。しかし対象外になっているので、年収に関係なく利用できるというメリットがあります。借り出す時にも複雑な手続きは必要なく、カードがあればコンビニのATMですぐに利用できます。スマートフォンやパソコンから24時間、いつでも申し込むことができ、すぐに自分の口座に振り込んでもらえるのです。事業を行っていると売掛金の支払いが遅れたりして緊急の資金が必要になることがあります。そんな時はスピーディーに資金が借りられるビジネスローンが便利です。

Copyright© 2017 【事業者向けの融資方法】ビジネスローンを利用するメリットを紹介 All Rights Reserved.