住宅ローンに関して

お金

上手に返済するには

住宅を購入する方のほとんどがローンを組んでいます。住宅ローンには変動金利型と固定金利型があります。変動金利型は金利が低いものの、社会情勢に応じて金利が変動します。今現在金利が低くても、将来金利が大幅に上がるリスクがあります。一方フラット35などの固定金利型は、変動金利型より金利が高いもののローンの返済が完了するまで金利が固定されます。そのため将来金利が上がったとしても契約時の金利を継続することができます。どちらが良いかは何とも言えませんが、現在は歴史的にも最も金利が低い状態であり、いつかは金利を上げていくことになると思われますので、フラット35などの固定金利を選ぶケースが多いと思います。フラット35は金利を固定して最大35年間で一定金額を返済し続けるローンです。ただ、必ず当初の契約通りに返済し続けなければならないというわけではありません。予定より積極的に返済したいのであれば、繰り上げ返済を行うことができます。繰り上げ返済を行うことで、次のような契約内容に変更することができます。ひとつは毎月の返済額は変更せず、返済期間を短縮する方法です。もうひとつは返済期間は変更せず、月々の返済額を減らす方法です。もちろんしばらく返済を行ってみて、かなり余裕がありそうであれば、返済期間を短縮しつつ月々の返済額を上げるなどという選択も可能です。ただし金利は変更できませんのでご注意ください。フラット35などの固定金利型は長期間融通が利かない印象がありますが、繰り上げ返済を上手に利用することで、ある程度柔軟な返済プランを立てることが可能です。繰り上げ返済は、一回百万円以上など、金融機関によって様々な条件が決められていますので、良く内容を理解して計画するようにしましょう。

Copyright© 2017 【事業者向けの融資方法】ビジネスローンを利用するメリットを紹介 All Rights Reserved.